日本の政治を本気で考える

衆和党から改名しました。引き続き、日本の政治に対して意見を述べていきたいと思います。

矛盾

日本は、先進国でありながら軍を保持しておりません。

 

また、先進国の中で一度も憲法改正を行なった事がありません。

 

これらに関連した矛盾点があります。

 

左派系は、憲法第九条があるから戦争をしてこなかったと主張しておりますが、その憲法第九条は、米国に刃向かう事が無いようGHQによって押し付けられたものであり、その代わりに、米軍が核の傘として抑止力で日本の安全保障を担っているため、戦争を行ったり、戦争に巻き込まれる事が第二次世界大戦後ありませんでした。

 

また左派系は、米軍基地は戦争に繋がるため無条件撤去を主張しておりますが、憲法第九条が現状のまま存在する以上、米軍が日本の安全保障を担わなければならないため、憲法第九条を護りながらも米軍を撤退させる事は、日本の安全保障上不可能な事です。

 

また、基本的に軍を保持しない国家は存在しません。

 

軍を保持していない国家があれば、それは同盟国や機関に防衛を任せています。

 

米軍基地負担を軽減するには、憲法を改正し、日本国が軍を保持し、防衛力を強化するしか近道はありません。

 

また、日本は核兵器保有しておりません。

 

核兵器は抑止力になるため、保有することに越した事はありません。

 

むしろ、世界各国が核兵器保有した方が世界が平和になる可能性もあるのです。

 

圧倒的な核保有国である米国が、北朝鮮に中々攻撃を行えないのは、北朝鮮核兵器を搭載したICBM保有しているからです。

 

つまり、核兵器の恐ろしさを知っているが故の抑止力が存在しているといえます。

 

核兵器保有が許されている一部の国と、核兵器保有が許されない多くの国があり、核非拡散条約を批准し、第二次世界大戦で敗戦した日本国が核兵器保有する事は許されておらず、核兵器保有した場合、あらゆる国から批判を受ける可能性があります。

 

理想としては、世界から核兵器が撲滅する事ですが、それを自国から積極的に行おうとする国家は、残念ながら無いでしょう。

日本が三度目の被曝に会わないために、核兵器保有した方が良いですが、その場合は、全ての国に抑止力として核兵器保有を認めるべきだと思います。

 

大国党政策

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXTqiHQ_WknfKyql

大国党憲法改正草案

 https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXBoLx9i9xgIHfLV