日本の政治を本気で考える

衆和党から改名しました。引き続き、日本の政治に対して意見を述べていきたいと思います。

時代は、"自国ファースト"

フランス大統領選は、中道系のマクロン氏と右系のルペン氏の一騎打ちになっています。

 

世論調査ではマクロン氏が有利だが、ルペン氏は、トランプ米大統領と同じく、自国ファースト主義者であります。

 

同じように、約一か月前に行なわれたオランダ総選挙では、オランダの自由党も自国ファースト主義として闘い、与党第一党に敗れはしたものの議席数は増やし、反対に与党第一党の議席数を減らしました。

 

つまり、トランプ米大統領の誕生から、自国ファースト主義の波が生まれ、それらの政党や候補者が躍進しています。

 

そして、我々日本国でも、"自国ファースト"で行う時期に来ているのではないでしょうか。

 

そのためには、

・TPPに反対し、日本製と日本企業の流出を防ぐ保護的貿易の採用

・各地方で異なる法人税率の採用と引き下げ

・テロを始めとする犯罪、その準備等の罰則強化

・宗教的及び政治的な勧誘や、過激なデモ行為に対する取り締まりや罰則の強化

帰化の廃止、両親が日本国籍を取得している者のみに日本国籍の付与を限定 (外国人との間に生まれた嫡出子の日本国籍の取得を認めない)

・移民、難民の受け入れに反対

日本国籍を有しない者が日本に滞在する際に課す滞在税の新設

・外国人への生活保護支給額の減額

・外国人留学生への給付型奨学金の廃止、日本人学生への給付型奨学金の拡大

・日本国防軍を創設し、軍事費及び軍事力の拡大

・財政拡大で公共投資の増加と、社会保障の充実

・日本国債を大量に発行し、日本国債の購入者を日本国民及びその企業に限定し、日本銀行の積極的な日本国債の買いオペレーションによる金融緩和の実施

 

以上が、今後日本にとって必要な"自国ファースト"になるのではないでしょうか。