読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の政治を本気で考える

日本の政治に対して意見を述べていきたいと思います。

教育改革を!

私は、以下の教育改革を望みます。

 

①.幼児教育から高等教育までの無償化

給食費を含む、公立相当額の無償化する。

 

②.月賦払いを可能とする大学学費制度の導入

一括だけでなく、月賦払いを可能とし、学生の負担を軽減する。

 

③.成績優秀者には、学費の減免措置の追加導入

 

④.有利子の貸与型奨学金の廃止

無利子の貸与型奨学金のみとする。

 

⑤.外国人留学生の給付型奨学金の廃止

外国人留学生も同様に、無利子の貸与型奨学金とする。

 

⑥.初等及び中等教育通信制の学校の創立

不登校者の学力向上の一環として、通信制の小中学校を創立する。

 

⑦.小学校及び中学校の統合を推進

通信制の学校の創立により、小中学校の統合を行うことで、コスト削減と教職員の負担軽減が期待できる。

 

⑧.初等教育から英語教育の導入

小学校低学年から英語教育を導入し、何度も繰り返す事で基礎レベルを高め、中学校からは、実用英語教育を行う。

 

⑨.漢文教育を廃止し、ビジネス敬語教育の導入

昔の漢語の教育よりも、現代に使用されているビジネス敬語を教育の現場に導入し、人材育成に生かす。

 

⑩.中等教育に教科選択制を導入

美術、技術、音楽、家庭科の中から、3教科の選択制とする。

 

⑪.体育の授業に護身術の必須化

体育の授業に護身術を必須とし、自分の身は自分で守れるようになる事を身につける。

 

⑫.記述力と思考力を問う大学一次試験と、それらに表現力を加えた大学二次及び大学一般試験制度の導入

現行のセンター試験のようなマークシート式ではなく、記述力と思考力を問う大学一次試験をセンター試験と同じく年に一度のみ実施し、これらに加え、受験生の意見や表現力、プレゼン力等を問う大学二次及び一般試験制度を導入する。

 

⑬.大学の最終年次は、職業体験を行う事を必須化

大学生の人材育成のために、大学が企業と連携し、最終年次は職業体験を行う事を必須とする。

更に、研修を行なった後に、入社試験等を行う事とし、職のミスマッチ問題を減少させる。