読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の政治を本気で考える

衆和党から改名しました。引き続き、日本の政治に対して意見を述べていきたいと思います。

主権回復から65年...

本日、4月28日は、1952年の4月28日に発効されたサンフランシスコ講和条約による日本国の独立と主権の回復から、ちょうど65年の節目です。

 

日本国民としては、大変喜ばしい日である一方で、沖縄県民にとっては、日本から切り離され、米軍統治下に置かれるようになった屈辱の日から65年となります。

 

私は沖縄出身でありますが、日本国の主権回復は、大変喜ばしい事であると思う一方、屈辱の日として複雑な思いがあります。

 

沖縄県が日本本土復帰前は、日本に憧れ、沖縄も主権を回復し、祖国日本に復帰したいという日本国への思いが強いために、4月28日を米軍統治下にされた日として屈辱の日とされてきました。

 

しかし、日本本土復帰以降では、日本に切り離された事よりも、米軍統治下になった事で設置させられた米軍基地に対する反米運動や反基地運動として屈辱の日を利用しているように思えます。

 

つまり、沖縄独立論も浮上しているため、日本本土復帰を喜ばず、屈辱の日を利用して反基地運動を行うという事は、如何なものかなと思います。

 

純粋に、誇りある日本から切り離された日であることに屈辱的に感じる事は、私を含め保守系沖縄人にもあると思います。

 

ただ、日本の主権回復があるから今の日本の成長がありますので、そこのところは大変喜んでおります。

 

今後は、軍の保持によって、完全なる防衛の自立を確立し、日本国の主権と独立を守っていく事こそが、課題とするところでしょう。