日本の政治を本気で考える

衆和党から改名しました。引き続き、日本の政治に対して意見を述べていきたいと思います。

東京都議選に向けた各政党の動き

7月2日に行われる東京都議会議員選挙に向けた各政党の動きが加速しています。

 

小池東京都知事は、豊洲と築地の両立を条件に、豊洲への市場移転を表明致しました。

 

これは、豊洲市場移転を早々に表明していた自民党との差別化を図ったものだと思われます。

 

その小池都知事率いる都民ファーストの会は、公明党選挙協力関係にあり、公明党共産党に対して、3K「汚い」「危険」「北朝鮮」として批判しています。

 

「汚い」は、公明党の実績としている東京都の私立高校授業料の無料化を共産党に横取りされた事に対して。

「危険」は、暴力的な組織として公安調査庁の調査対象になっている事。

北朝鮮」は、核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮に関して、共産党の志位委員長が"リアルな危険は無い"と発言した事が由来であるとされています。

 

これに対し共産党は、「事実無根」として否定している一方で、豊洲市場移転を表明している自民党小池都知事への批判を展開しています。

 

しかし、「北朝鮮」に関しては、公明党 も1997年に金正日氏が朝鮮労働党の総書記に即位した際、祝電を送っていた事実があります。

 

実際、共産党に限らず革新系左派主張の強い人々は、辺野古移設工事に対する反対運動が暴力的に行われ、その行為によって逮捕された活動家の山城氏の逮捕は不当であるとして、沖縄のマスコミも含め主張しています。

 

その移設反対派による暴力的な行為に対して、沖縄のマスコミは現場に居ながら報じないという現状があります。

 

一方、蓮舫代表が就任した以降から求心力が低下する民進党は、小池都知事を応援する一方、選挙対策がまとまらず、離党や都民ファーストの会への移籍が相次いでいます。

 

現在の世論調査では、自民党が有利とされていますが、都民ファーストの会が躍進した場合、後々には国政への進出も考えられます。その頃には、民進系議員のほとんどが都民ファーストの会へ移籍、又は吸収され、民進党は消滅、そして都民ファーストの会野党第一党となる可能性があります。

 

その場合、公明党自民党連立政権を組み続けるのかどうか、日本維新の会公明党に代わり自民党連立政権を組むのかどうかが注目されます。

 

ちなみに、7月9日に沖縄県那覇市議会議員選挙が行われますが、共産党街宣車は、「安倍政権にNOを」「共謀罪は絶対に許されません」と、那覇市議選に関係のない国政問題について演説しています。

 

大国党政策

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXJ30vD9__YtvhVR

大国党日本国憲法改正草案

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXBoLx9i9xgIHfLV

 

財源捻出と支出増加

財源捻出をすべきだと思うポイント

・200人以上の国会議員の削減、又その人件費の3割を削減。

・平均所得よりも高い公務員の報酬を減額し、公共機関全体で15%の費用削減。

・パチンコやカジノといった娯楽に消費課税として、消費税とは別途に30%の税率を課す「娯楽税」の導入。

 

以上より、約7兆円の財源確保が見込めます。

 

これら財源の支出ポイント

平成29年度一般会計予算比(人件費を除く)

社会保障費            +0.9兆円

・公共事業費            +0.3兆円

・文教科学振興費     +0.9兆円

・防衛費                   +1.4兆円

・エネルギー対策費 +0.2兆円

・中小企業対策費     +0.2兆円

・農業開発振興費     +0.1兆円

・不足財源分              3.0兆円

 

1.保育所の増設支援や、介護・福祉施設保育所職員の賃金の引き上げ。

2.資金不足で伸び悩む中小企業に対する公共投資や支援の強化。

3.地下空間を有効活用し、災害に備えたインフラ整備による国土の強靭化。

4.IoTや人工知能を駆使したロボット等の開発により、人口減少による経済力低下の阻止と防衛力の強化。

5.保育料から高等学校の教育費までの無料化。

6.核融合発電の実用化に向けた開発や、コンバインド式発電の普及。

7.食料自給率の向上を図るため、最先端技術を駆使した新しい農業スタイルの構築。

 

*防衛費は、GDP比1.5%以下に引き上げる。

 

大国党政策

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXJ30vD9__YtvhVR

大国党日本国憲法改正草案

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXBoLx9i9xgIHfLV

選挙区改正案

一票の較差を是正するため、衆議院議員総選挙の選挙区を都道府県とし、参議院議員選挙は全国統一区とする選挙区の改正を提案します。

 

その場合、衆議院議員定数を465、参議院議員定数を35に削減し、比例代表制を廃止とします。

 

改正した場合の衆議院議員の区割定数は以下の通りです。

 

北海道    (20)
青森県    (5)
岩手県    (5)
宮城県    (8)
秋田県    (4)
山形県    (4)
福島県    (7)
茨城県    (11)
栃木県    (7)
群馬県    (7)
埼玉県    (27)
千葉県    (23)
東京都    (49)
神奈川県 (33)
新潟県    (9)
富山県    (4)
石川県    (4)
福井県    (3)
山梨県    (3)
長野県    (8)
岐阜県    (7)
静岡県    (14)
愛知県    (27)
三重県    (7)
滋賀県    (5)
京都府    (9)
大阪府    (32)
兵庫県    (20)
奈良県    (5)
和歌山県 (4)
鳥取県    (2)
島根県    (3)
岡山県    (7)
広島県    (10)
山口県    (5)
徳島県    (3)
香川県    (4)
愛媛県    (5)
高知県    (3)
福岡県    (18)
佐賀県    (3)
長崎県    (5)
熊本県    (7)
大分県    (4)
宮崎県    (4)
鹿児島県 (6)
沖縄県    (5)

 

大国党政策

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXJ30vD9__YtvhVR
大国党日本国憲法改正草案

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXBoLx9i9xgIHfLV

教育無償化について

自由民主党日本維新の会は、教育の無償化を憲法の改正に合わせ、憲法で定める必要性を主張しています。

 

そんな中、自由民主党の若手議員は、"こども保険"の新設を提言し、従来の社会保険料に上乗せする形で財源を確保するという案であるが、それでは増税と同じように、国民の負担が増加します。

 

国債の発行を悪であるから保険料の増額で財源を確保するという方法は、国民経済に影響を与え兼ねません。

 

こどものための財源確保は、議員定数の大幅な削減と報酬の減額や、報酬が多い官公庁職員の報酬の減額、酒やタバコに課税されるように、パチンコや今後誕生するであろうカジノ等の娯楽に対して課す娯楽税を導入するなどで財源を確保する必要があると思います。

 

国債の発行は、日本国内で、日本国民が、日本円で購入すれば、政府が国債を発行し、国民が買取り、日本銀行に還るため、おカネの循環が良くなり経済が活発化します。

 

出回った国債は最終的に、政府機関である日本銀行に買い取られるため、国債残高1000兆円超えになっていても、日本の財政や行政サービスが破綻する兆候はみられませんので、基本的に国債の発行は問題ありません。

 

また、教育無償化を大学教育まで適用しようとしておりますが、有効求人倍率が1倍を超える売り手市場の中で、大学教育まで無償化し、多くの若年層が大学へ流れてしまった場合は、さらなる人材不足が加速し、なおかつ、若年層の所得が減少するため、消費及び税収の減少を引き起こす可能性があります。

 

そのため教育無償化は、幼児教育から公立の高等教育までで良いと思います。

 

大国党政策

 https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXJ30vD9__YtvhVR

大国党日本国憲法改正草案

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXBoLx9i9xgIHfLV

年金を国債によって取引し、国債と株式によって運営する

大国党政策

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXJ30vD9__YtvhVR

大国党日本国憲法改正草案

https://1drv.ms/b/s!Au_rpy4_5NCTgXBoLx9i9xgIHfLV

 

自民党安倍政権の下での年金積立金は、増額傾向で黒字となっています。

 

年金は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)によって積立、運用がされています。

 

安倍政権は、株式運用の割合を少しずつ引き上げる事で、円安株高傾向にリンクし、結果的に、年金積立金の増加に繋がっております。

 

この運用方法は、円安株高に繋がるため非常に良く、今後は、国債と株式の運用割合を五分五分にもっていければ尚良いと思います。

 

そして、現在の年金制度を維持しながら、一年間に国民が支払った年金保険料の総額に、その保険料に対する固定金利を付加した年金用国債を発行し、マイナンバー制度の活用により、毎年一枚ずつ保険料を支払っている国民に配布される新制度の導入を行なった方が、将来に保険料の総額とその利息分が受け取れるため、年金受給額の減少を抑える事ができると考えています。

 

また、定年退職年齢の引き上げに伴い、年金受給年齢も引き上げ、国民年金保険の加入年齢は18歳に引き下げる事で、年金運用の安定化を図る必要があります。

 

軍国主義の間違った見方

"軍国主義=極右"という見方が日本では多いですが、必ずしもそうではありません。

 

軍国主義とは、軍部が国民を統治し、あらゆるものを平等に従属させる社会主義であり、軍事的な介入により覇権を握ろうとするものです。

 

現在で言えば、北朝鮮のような国家です。

 

つまり、極右だけが軍国主義になるのではなく、極左社会主義にも軍国主義が潜んでいるのです。

 

現在で言われる極左や極右は、思想は違えど政治主張が強く、自身の都合の良いように国民を統治し、結果的に「元首や国のために命を捧げろ」というような事になっていきます。

 

そのような事が、愛国心として捉えられてしまったが故、"軍国主義=愛国心=極右"として見られてしまっているのです。

 

本当の愛国心たるものは、長年に渡る誇りと価値ある伝統や文化等のある母国に対して、今後も継承していこうとするものであり、天皇制もその一つになります。

 

そして、その誇りある母国を武力攻撃から護るために軍を創設するのですが、それだけでは軍国主義にあたりません。

 

軍によって護られるべき国民が、強制的に徴兵や総動員される事によって軍国主義になるのだと思います。

 

国民亡くして国無し

 

国防のプロフェッショナルである軍兵が国民と国土を護り、国防に足りないものはロボットや無人機等で補う事が、軍国主義から離れ、国民の自由を保障し続ける事ができます。

 

そして、そのようなロボット類の兵器による軍需を経済成長に繋げる事が、本当の右派保守系の姿だと思います。

沖縄日本復帰記念の日

本日は、沖縄が日本に復帰して45年となります。

 

しかし、米軍統治下以降からの米軍基地は残されている状況です。

 

沖縄県の米軍基地負担の軽減は行なわなければならないものですが、日本の防衛上、日米同盟を強固なものとし、日本国防軍を創設により、米国に頼り過ぎない防衛力を築き上げることが重要です。

 

米軍基地は、沖縄県のみにあるものではなく、日本本土にもあります。

 

日本本土では、自衛隊と米軍の共同使用基地がありますが、沖縄県では、米軍専用基地となっているため、その専用基地を減らしつつも、日米両軍が共同で使用できる基地の存在が不可欠であると思います。

 

沖縄県が誇りある日本国に復帰した事は、大変喜ばしい事であり、その日本国を守るためには、まだ米軍の力が必要でありますが、北朝鮮や中国のような軍備拡張する国家がある以上、日本国防軍の創設によって、さらなる防衛力の発展が必要であります。